PHOTO

目の前に広がる紅葉、川の流れと鳥のさえずり。風情満点の露天風呂で、気分もすっかり開放的に。

DATA

中津市耶馬渓町大字深耶馬渓鴫良
TEL.0979-55-2063
営/露天風呂10:30〜20:00(19:30まで受付、内湯は10:00〜)、食堂10:30〜17:00
休/不定 入湯料/大人300円

 秋はとびきりの紅葉に彩られる深耶馬渓の中心部にあって、有名な一目八景もすぐそば。建物の前には“和歌山の景”と呼ばれる見事な奇岩・奇峰の景観が開け、岩場から流れ落ちる高平の滝が目の前に眺められる。食堂の裏手を流れる山移川のほとりに設けられた石造りの露天風呂は、なんとも風流なロケーションが魅力。川のせせらぎをBGMに、山々の紅葉に包まれながら湯舟に浸かるのは最高の贅沢だ。温泉は敷地内に源泉があり、加水・加温いっさいなしの源泉掛け流し。肌にしっとり染み込むような良質の湯は、ついつい長湯したくなる心地よさだ。露天風呂は混浴なので、近郊のおじちゃん、おばちゃんが仲良く入浴する光景も珍しくないそう。他に男女別の内湯も用意されている。湯上がりに小腹がすいたら、食堂で名物の山かけそばやうどんをどうぞ。


一目八景

県内屈指の人気紅葉スポット。仙人岩、夫婦岩、観音岩など八景が一望できる。紅葉の見ごろは11月中〜下旬。一帯は耶馬日田英彦山国定公園に指定されている。



そば饅頭!?それともシュークリーム!?
そば処に新銘菓登場

  そば処・耶馬渓に“そば饅頭”でもない、“シュークリーム”でもない、不思議なお菓子が出現。その名もなんと「そば饅・シュー」。『道の駅 耶馬トピア』の中にあるそば処『洞門そば』で今年9月に売り出された新商品。外側はそば粉100%のシュー皮、中身はこしあんと生クリームを混ぜたもの、という洋風そば饅頭だ。地元の農家で栽培したそば粉を耶馬トピア内で製粉して使用。皮は柔らかく、甘さ控えめで、コーヒーにぴったりだ。

PHOTO

(1)そば饅・シュー1個120円。6個入り、12個入りもあり。耶馬トピア入口の茶屋でも販売している。
(2)レストラン、土産物店、そば打ち道場を併設した店。
(3)小ぶりなので、気軽にパクリ。

そば処 石臼亭 洞門そば

DATA

中津市本耶馬渓町曽木(道の駅 耶馬トピア内)
TEL.0979-52-3030
営/9:00〜17:00 休/木曜(8・11月は無休)、茶屋は無休

PHOTO

(1)冷たくした麩饅頭を熱いお茶と一緒にいただくのが最高。よもぎ・玄米各1個137円。5個入り、15個入りもある。地方発送可(冷凍)。
(2)麩饅頭は粘りが強く楊子は使えないので、手で持って大胆にいただく。
(3)昭和28年創業の『喜久』は、かつて寿屋とともに栄えた寿通り商店街にある。耶馬渓産の栗を手剥きで仕上げた「栗みやび」やこだわりの「柚子ねり」が根強い人気。

もちっと弾力のある生地に
ほどよい甘さの粒あんが絶妙

  オオクマザサの葉にくるまれた、まぁるい饅頭を頬ばると、つるっ、もちっとした独特の食感のとりこになる。麩(小麦たんぱく)に餅粉を加えた弾力ある生地に粒あんがたっぷり入った『喜久』の「麩饅頭」。あんを生地で包んで蒸し上げた後、冷水にひたして水切りし、手作りで丁寧に仕上げられる。淡い緑色の生地にはよもぎ、茶色の生地には煎った玄米が入っている。どちらも香りがよく、甲乙つけがたい美味しさ。湯布院店でも販売している。

お菓子司 喜久

DATA

中津市新博多町寿通り
TEL.0979-22-1484
営/9:00〜18:00 休/日曜
http://www.wagashi-kiku.co.jp/