大分トリニータ 大分ヒートデビルズ 大分三好ヴァイセアドラー ショップ
BACK NEXT
トリニータサポーターに習う、観戦デビュー

 5月19日。この日行われたのは川崎フロンターレ戦。付き合ってくれたのは、サポーター歴5年という下村厚子さんと友人の磯辺晶子さん。「対戦相手チームのチームカラーを着るのはさけるように!」との忠告に従ってブルーのトリニータユニフォームを着用し、応援グッズはメガホンを持参することに。キックオフは14:00だというのにドームには開門前から早くもサポーターたちの行列が。「試合前の楽しみはたくさんありますから」と下村さん。11:00の開門と同時に入ったスタジアム内には音楽が響き、グッズ売り場や屋台からは掛け声が聞こえ、早くからすごい活気!初めての人でもたちまちトリニータサポーター気分になってくる。売店や北口広場にズラリと並ぶおいしそうな屋台をめぐるだけでもワクワクお祭り気分だが、観客を楽しませる演出やアトラクション、イベントが行われる。これなら子供連れでも楽しめそう!待ち時間を十分堪能した後でいよいよキックオフ!と、同時に大歓声とゴール裏から一斉に太鼓と応援コールが地響きのように鳴り、一気に場内は興奮のるつぼに。今までリラックスしていた下村さんたちも、すでにメガホンや双眼鏡を持ち真剣な表情。臨場感と生の迫力とサポーターの連帯感は、さすがにこのスタジアムでしか味わえないもの。この熱気が伝わったのか前半戦、早くもトリニータが先制点ゴール!シュートの瞬間は思わず立ち上がってしまったほど感激。ハラハラドキドキの息をもつかせぬ45分間の前半戦が終わり、ホッとしたハーフタイムにはブルーのジェット風船が一斉にドームの初夏の空に舞い上がった。後半戦も終始トリニータペース。いい時間帯に追加点をあげた試合は、白熱した中にも安心感があり、結局2対0でトリニータの圧勝!気付けばまたたく間の5時間。試合観戦だけではない楽しみ方も覚えて、リピーターになりそうな予感。「大分にトリニータがあることをもっと楽しんで欲しい」という下村さんの言葉通り、百聞は一見にしかず!ぜひ一度、体感して観戦を楽しんでほしい。

シャムスカ監督メッセージ
トリニータ観戦ワンポイント
  • チケットは公式ショップの『クラブトリニータ』『ローソン』などで販売。シーズンパスなどはOC各支店、HPでも申込みができるのでcheck!。
  • 年間チケット購入者は試合開始時間3時間前に入場できる(一般チケット購入者は2時間半前より入場)。会場へのアクセスには大分駅前から15分おきに出発するバスを利用。
  • ドームの舞台裏や選手のロッカールームにふれる事ができるバックヤードツアーという探検がある(申し込みはHPで)。
  • 試合前には、選手の練習風景、応援パフォーマンス大賞や、ボールボーイズのダンスなど、待ち時間にはさまざまな見学、イベントが行われ、ファンを飽きさせない。

大分トリニータHP http://www.oita-trinita.co.jp/index.php

大分トリニータオフィシャルショップ

トリニータサポーターの下村厚子さんと磯辺晶子さん。下村さんは5年前選手の練習風景を見てハマり、磯部さんは下村さんに誘われてファンに。毎回欠かさずに応援に行くという。

ドームに来た人だけが味わえる北口屋台広場。たこ焼き、地鶏焼き、タコス、フォーやラーメンやプリン…と多彩な屋台がズラリと並ぶ。下村さんのおすすめはだんご汁500円。麺だけ違ううどん麺、ちゃんぽん麺もあり。

西口ゲート前はFan'sLand(ファンズランド)。毎回試合前にファンサービスのイベントが行われている。今回はオートポリスからレースクィーンが登場。大分三好ヴァイセアドラーの選手サイン会も開催された

通路にはTシャツやタオル応援グッズなどの売り場が点在。お土産や記念に買って帰る人も多い。

Page Top