大分トリニータ 大分ヒートデビルズ 大分三好ヴァイセアドラー ショップ
BACK NEXT
来年3月、地元大分での初ゲームを観戦しよう

 国内ベスト8チームが名を連ねるバレーボールのトップリーグ「プレミアリーグ」に、昨年参入を果たした『大分三好ヴァイセアドラー』。ちょっと覚えにくい名前だが、「ヴァイセアドラー(WEISSE ADLER)」とはドイツ語で「白い鷲」。チームの母体が「医療法人青雲白鷲会 三好内科・循環器科医院」であることからこの名がついた。「鷲」は威厳と力強さの象徴である。選手は大半が同医院の職員。医療に従事しながらの活躍はプレミアリーグの中でも異色の存在だ。
  チーム結成は昨年9月。旭化成の廃部に伴ってプレミアリーグに参入した。旭化成時代、トッププレイヤーとして活躍した増成一志選手兼監督のもと、平均年齢25歳の若き選手18名が練習に励んでいる。昨シーズンのチーム成績は8位だったものの、リーグ中、優秀な成績を納めた選手わずか5人だけに与えられる個人賞を、同チームの2選手が受賞(フィリップ・マイヨ選手=最多得点賞、井上裕介選手=サーブレシーブ賞)という快挙。2007―2008シーズンは大いに期待される。
  バレーボールはオリンピックなどで日本選手が活躍してきたこともあり、身近でなじみのあるスポーツ。迫力あるプロのプレーがごく間近で気軽に観られるのは、地元ならではの醍醐味だ。来年3月には初めて大分市で試合が開催されるので、ぜひ足を運んで本物を観戦してみよう。

大分三好ヴァイセアドラー
事務局/大分市佐野4236番地 
TEL 097-529-9009
http://www.weisseadler.com/
2007-2008シーズンは12月開幕予定。ホームゲームが2008年3月15(土)16日(日)、大分市にて開催される。ファンクラブ会員募集中。

大分三好ヴァイセアドラー

5月19日のトリニータホームゲームでは、試合開始前に小川貴史キャプテン、大嶋厚司選手、神田聖馬選手のサイン会、握手会が開催された。これからもオフシーズン中、いろんなイベントが行われる予定で、選手に親しむチャンス!

Page Top