TOP PAGE
BACK ホテルメイドの味 たっぷり健康野菜 朝獲れ海の美味 海辺の田舎料理 高原のケーキビュッフェ NEXT
ホテルメイドの味
レストラングラッチオ
月2回限定。朝揚がった魚を生かす漁師の奥さんならではの手料理
 伊予灘に面した美濃崎漁港では、毎月第2・4土曜の朝8時から、朝獲れの魚を漁師さんたちが安値で直売する「美濃崎漁師市」が人気を呼んでいる。この市に来たお客さんたちに新鮮な魚を使った朝ご飯を食べてもらおうと、漁師市女性部のメンバーたちが始めた朝定食が、今春からバイキング形式になって新登場。漁師の奥さんならではの、素朴で豪快な家庭料理が味わえる。その日の朝揚がった魚を使って作るので、内容は時々で変わるが、焼き魚、魚の煮付けや揚げ物、汁物など約10品。とにかく鮮度抜群、旬の魚の旨みが満喫できる。大量に作れないので、なくなり次第終了。早々に売り切れてしまうことが多いので、5人以上で行く場合は予約した方が確実だ(予約は前日まで)。
小型底引き網漁が中心の美濃崎では、秋〜冬にかけて太刀魚漁が盛んになる他、エビや雑魚、冬場はコウイカの水揚げも多い。漁師市は朝6時から整理券を発行し、8時から販売開始するが、一度来店したお客には次回以降1ヶ月間有効の「先取券」が渡されるのが特長。この先取券があると、一般客より30分早く、好きな一品を買い物できる特権がある。目の前にのどかな漁港の風景が広がって、気分も爽快。早起きしてバイキングで腹ごしらえしたあとは、いざ、買い出しに出陣!
1.漁師市はとにかく“安くて、新鮮”が一番の魅力。早朝から販売開始を待ちわびる常連客も多い。 2.市場の横では、その日獲れたての小魚で作った揚げたて熱々の天ぷらが買える。美濃崎水産加工グループTEL.0978-63-8748 3.この日のメニューは、ヒメジと太刀魚の煮付け、太刀魚の南蛮漬け、エソのお汁など。季節の魚が味わえる。
map

美濃崎漁師市バイキング

杵築市大字狩宿1732番地2 美濃崎漁港
営/第2・4土曜7:00〜9:00ごろまで(なくなり次第閉店)
休/第2・4土曜以外
料/500円
問/TEL.0978-63-9226(大分県漁業協同組合杵築支店)
wakako ceramics
1.「どこか“ゆがみ”があって、手づくり感に溢れた器が好き」という坂本さん。 2.杵築の街並みにしっくり溶け込んだ店構え。 3.若い感性が生かされた器は、カフェや雑貨店からのオーダーも多い。
 城下町のたたずまいを残す杵築の街に、今年1月、築100年の民家を利用した工房兼ギャラリー『wakako ceramics』がオープン。若き陶芸家、坂本和歌子さんの作品は、薄くて軽くしかも丈夫な半磁器が主体で、日常使いの器にも凛とした美しさがあるのが魅力だ。遊び心たっぷりのアロマポットなど、オブジェっぽい作品も素敵。好きな器を気軽に作れる陶芸教室も開いている。

wakako ceramics

杵築市新町381(杵築市役所前)
TEL090-7395-6026
URL http://wakako-ceramics.eek.jp/
Blog http://saico.exblog.jp/
営/14:00〜17:00(事前に電話確認を) 休/月曜・火曜、第2・4・5土曜・日曜
※陶芸教室(杵築教室・大分教室):スクール、フリーコース、体験コースなどあり。
※坂本和歌子作品展「つかう」:11/3(土)〜25(日)の週末 DAR VIDA(本誌P11参照)にて開催。週替わりで料理、テキスタイルなど4分野の専門家とコラボレーションを行う。