”焚き火“の炎は、激しくもなく、か細くもなく、ほどよい柔らかな火で、あたりをほのかに温めてくれる。「森の家たきび」は、そんな心地よさに包まれたプチホテルだ。道沿いから奥に少し入った雑木林に囲まれたホテルの中には、テレビも時計もない。だけど、ここにしかない贅沢がある。春先まで火が灯るという暖炉、薪で湧かすジャグジーバス、ご主人が作るワインに合う和風ディナー、そして、何より四季それぞれに美しい雑木林の風景。秋は落ち葉の落ちる音、春は小鳥のさえずり、夏はひぐらしの声…自然の豊かな音色に耳を傾け、オーナー夫妻の付かず離れずの丁寧なもてなしに、癒されて帰る客も多い。日常に疲れた人が、ふと立ち寄りたくなる隠れ家は、訪れれば、きっと誰れにも教えたくなくなってしまいそう。
 
オベルジュ 森の家(もりのや)たきび
玖珠郡九重町大字田野1731-1 TEL 0973-79-3066
大人一人1泊2食12,000円(税込み)
ツイン洋室5室(2部屋は3人まで可)
IN/PM4:00 OUT/AM10:00
http://www.aa.alles.or.jp/~takibi/