(1)花合野(かごの)川べりの大きなイチョウの木の下に、隠れるようにして建つ、日本一小さな(?)美術館。味わいのある作品が並ぶ。 (2)時雨館2階には机と座布団が置かれ、自由に詩作にふけることができる。山頭火気分で、一句したためてみては?
 
 「こゝ湯平といふところは気に入った。いかにも山の湯らしい、石だゝみ、宿屋、茶屋、湯坪、料理屋、等々おもしろいね」(種田山頭火 行乞記より)。湯平を訪れた俳人、山頭火が書いているように、湯平温泉は昔ながらの石畳と温泉街の風情が残る、県内でも数少ない温泉地だ。各地を放浪し、心のむくままに作品を残した山頭火にちなんで、湯平ではインスタレーション(現場制作)とアーティスト・ステイ・イン湯平(滞在制作)を旨とする山頭火展が毎年開かれており、そこで多くの人が残した絵画、書、俳句、写真などを集めて展示したのが「時雨館」である。川岸にひっそりとたたずむ、庵のような美術館。無人なので、料金箱に100円を入れて見せていただこう。
山頭火ミュージアム 時雨館
湯布院町湯平温泉
TEL 0977-86-2050(金子商店)
営…9:00〜18:00
休…なし
入館料…100円
 
 
(1)昔ながらの温泉街で、まさに「秘密基地」を見つけたような気分に浸れる。
 
 石畳を上って行くと、建物入口に「湯平秘密基地」の看板。この2階が、隠れた人気の「Bar AJITO」だ。地元の旅館経営者らが共同で開いた店で、営業は週末の夜のみ。光り輝くジュークボックスにビリヤード、昔のパチンコ台と、妙に懐かしい不思議な雰囲気がウケる。ドリンク類も、牛すじ煮込みやスルメなどのつまみも、良心価格だ。1階はクラフトショップと、湯平出身画家・金子善明の作品を展示する「アートストックギャラリーandカフェ」。心に風がそよぐような絵を眺めながら、コーヒーや生ジュースでひと息入れよう。
Bar AJITO
湯布院町湯平341-1
TEL 090-2586-9866(麻生)
営…金・土・日曜の20:30〜24:00
休…月〜木曜
アートストックギャラリー
andカフェ
湯布院町湯平341-1
TEL 0977-86-2050(金子商店)
営…10:00〜18:00(金・土・日曜は21:30まで)
休…不定
 
 
(1)香りも味もいい椎茸は、進物にも喜ばれそう。全国発送もしてくれる。
 
 石畳上り口にあって、一番に目に付く土産品店「金子商店」。名物は近郊の農家から直接買い付ける干椎茸の計り売りで、原木栽培の椎茸が約20種も揃い、市価より安いと人気だ。地元産のぜんまいや干たけのこ、花切大根、11月ごろになると地元の人が作る干柿やあられ、1升瓶入りのかぼす絞り汁なども並ぶ。昭和16年創業、ご主人の金子裕次さんは3代目。
特産みやげ 金子商店
湯布院町湯平温泉
TEL 0977-86-2050
営…8:00〜21:00
休…なし
 
 
(1)柚子せんべい「源泉華」は湯平温泉の湯で練ったこだわりの味。金つば羊羹は1本700円、ゆず練羊羹650円。
 
 石畳の上の方にある「花川堂本舗」では、ご主人の幸野寛さんが昔ながらの羊羹と柚子せんべいをこつこつ作り続けている。「添加物をいっさい使わず、昔のままの原料で作る、ただそれだけのこと」とご主人。素朴な味わいの金つば羊羹は、おみやげにもらった人が全国から注文を寄せる人気商品だ。自家製柚子で作ったジャムを練り込んだ柚子せんべい「源泉華」やゆず練羊羹もお試しを。
花川堂本舗
湯布院町湯平328-2
TEL 0977-86-2529
営…8:00〜20:30
休…なし