別府市石垣東10-1-20
ホテル サンバリー アネックス1F
TEL.0977-26-6555(代表)
営/朝食7:00〜10:00 休/なし
http://www.hotelsunvalley.com
 
和洋バイキングで楽しむ“ホテルの朝”
レストラン プリマドール
 
ホテルの朝食は泊まり客だけ、と思われがちだが、ホテルサンバリーアネックスでは一般の人も宿泊者と同じ朝食の和洋バイキングを楽しむことができる。メニューは常時20〜30種類が並び、1人1,200円。ウィンナー、ベーコン、スクランブルエッグなど定番の洋食メニューのほか、きんぴらやひじき、カボチャの煮物、干物など和食も充実しており、温かいものは温かくいただけるのが嬉しい。和洋あれこれ、気分で選んで、“ホテルの朝”をたっぷりと味わおう。
 
(1)あれもこれも、ちょっとずつ食べたいから、和洋は気にせず好きなものをチョイス。
(2)いつでも温かい料理が食べられる。
(3)店内は朝、昼、夜とそれぞれに雰囲気が変わる。土日のランチバイキング1,000円が人気。

 
おふくろの朝ご飯は、栄養も愛情もたっぷり
勝太郎食堂
 
昔ながらの湯治場の雰囲気が残る鉄輪温泉いでゆ坂の途中に、湯治客らがひいきにしている小さな食堂がある。朝早くからおばちゃん達が作る五目煮やほうれん草のおひたし、大根なます、サラダ、味噌汁などが並ぶ朝定食は、まさに“おふくろの味”。ショーケースには1皿100円の卵焼き、目玉焼き、シャケなども。持ち帰り用の総菜や弁当、手作りおはぎなども大人気で、できたてが飛ぶように売れていく。愛情こもった栄養満点の朝ご飯をしっかりといただいて、朝湯へと繰り出そう。
 
(1)素朴なあんこの味が懐かしいおはぎは1個130円。この店のイチオシ。
(2)おばちゃん達の手料理と愛想のよさが人気のひみつ。
(3)朝9時ごろから、巻きずし、いなりずし、栗おこわ、煮物などのお総菜や弁当が次々と並ぶ。
(4)“正しい日本の朝ご飯”ともいうべき朝定食は600円。朝でなくても食べられる。
別府市風呂本2組
TEL.0977-66-4748
営/8:00〜18:00
休/なし

足湯で体じゅうぽっかぽか

鬼石坊主地獄
 
海地獄の隣に約40年ぶりに復活した「鬼石坊主地獄」園内に、今人気の足湯がある。背もたれのある座いすに座って、足を浸すこと5〜10分。つま先からじわーっと温まって、体じゅうがいつまでもポカポカするから不思議。展望風呂や家族湯を備えた別館「鬼石の湯」もおすすめ。
 
別府市大字鉄輪559番地の1
TEL.0977-27-6655(鬼石の湯 TEL.0977-27-6656)
営/8:00〜17:00(鬼石の湯は土・日・祝8:00〜21:00、平日10:00〜21:00)
休/なし(鬼石の湯は火曜、祝日の場合は翌日)
入場料/大人400円(足湯はサービス)鬼石の湯は大人500円、家族湯1,500円

焼きたて熱々のせんべいを頬ばろう

湯あみ堂本舗
 
鉄輪むし湯の前で、毎日せんべいを焼きながら売っている小さな店がある。「1日3千枚は焼くかしらねぇ」と言いながらひとときも手を休めない秦永清美さんは、この店の二代目。午後1時ごろまでなら焼きたてが試食できる。
 
別府市鉄輪井田5組 TEL.0977-66-0877
営/8:30〜17:00 休/不定

話題のファンゴエステで素肌美人になる!

ホテル風月HAMMOND ハモンド
 
別府温泉の温泉泥を利用したファンゴエステは、美白やお肌の引き締めに効果絶大とのことで、女性ならぜひ体験してみたいもの。混ぜ物なしの温泉泥を使うのでアレルギーの心配無用というのも嬉しい。毎週木・金・土・日曜の12時、午後1時、2時。完全予約制。フェイシャル(50分)5,500円。プラス500円でハンドマッサージ付。
 
別府市北中1組 TEL.0977-66-4141 http://www.fugetsu-hammond.com