旧肥後藩時代からと伝えられている祭りで、タワシやザルなど生活用品を使って山車(やま)を作り、「ヤーマヤレ・ゲーンキダセ」の掛け声で賑やかに町内を曳いて回る。4町各自治会の伝統と気風が山車作りに出ているのも面白い。山車は町指定有形民俗文化財。

久住高原の雄大な眺望と特製オムライスが絶品

祖母、傾、阿蘇、久住の山並みが一望できる丘の上のログハウス。地元の食材で作るオムライスや自家製チーズケーキに舌鼓。

 初めて訪れると、あまりに見事な眺望にみんな思わず「わぁーっ」と歓声をあげる。テラスの席に腰掛けると、目の前は延々と緑一色の大草原。その向こうには祖母・傾山系、阿蘇五岳の山並みがくっきりと眺められる。緑の風景に溶け込むように立つログハウスのカフェでは、オーナー夫妻手作りの料理が人気。なかでも久住の卵や野菜を使って作る「特製オムライス」は、濃厚な卵としっかり煮込んだソースが抜群の相性だ。しっとりなめらかな自家製チーズケーキや、小国の農家から直送されるジャージー牛のソフトクリームも美味。店の前の広大な草原は、この店のオーナーが仲間とともに営む「モーモーランド久住オートキャンプ場」。ちなみに店名の「ボイボイ」は、地元の人が放牧した牛を呼ぶときに使う方言だそう。ドッグラン用のスペースもあり、カフェのテラスはペット同伴もOKなので、夏の一日、標高820mの涼しい高原で愛犬と過ごすのもいい。

Cafe Boi Boi(カフェ・ボイボイ)

竹田市久住町久住高原820(くじゅう花公園横)
TEL.0974-76-0333
営/10:00〜19:00
休/木曜
http://www.boiboi.net/

PHOTO
(1)
ボリュームも味も二重丸の「特製オムライス」はサラダ、ドリンク付きで1,050円。他に、手作りビーフカレーやピザトーストも。
(2) 毎日作る人気のチーズケーキは、コーヒーまたは紅茶とのセットで700円。ケーキはテイクアウトもできる(370円)。

久住連山からの湧水で作る豆腐の創作料理アラカルト

久住・沢水の湧水を使った甘味とコクのある豆腐を、多彩にアレンジ。夏向き「豆乳そーめん」をつるつるっ。

 毎朝、店の隣の工房でご主人が作る豆腐は、大豆の甘みと清らかな久住の水、にがりにこだわったとびきりの味わい。このできたて豆腐とさまざまな創作豆腐料理が、女性客の評判を呼んでいる。名物・豆乳そーめん(冬は豆乳鍋)と生湯葉、おからサラダ、揚げ出し豆腐、寄せ豆腐、自家製ごま豆腐のデザートなどが付く「花びし定食」は、この店の人気メニューがひと通り味わえるお得なセット。注文ごとに揚げる野菜たっぷりのおからコロッケや、夏に美味しいざる豆腐もおすすめだ。
 築140年を経た阿蘇の古民家を移築したという建物は、天井が高く、木の温もりに満ちていて落ち着ける。3年前のオープン以来、口コミで常連客がふえ、自家製の豆腐や油揚げ、厚揚げ、ごま豆腐、新商品の黒ごま豆腐など、店内に並んだ商品も飛ぶように売れていく人気の店である。

とうふ工房・とうふ料理 花びし

竹田市久住町大字久住2339-2
TEL.0974-76-0727
営/11:00〜16:00
休/木曜(祝日の場合は営業)

PHOTO
(1)
ヘルシーな豆腐料理を中心に10品近くが並ぶ「花びし定食」1,500円。休みの日は売り切れることもある人気メニューだ。
(2) テイクアウトOKの自家製おからコロッケは1個80円。この店の豆乳を使って70歳になるおばあちゃんが作る豆乳ドーナツ280円も定番商品。